ダンスの本番で緊張しない為の練習方法!大切なのはマインドセット?

フラ

  • HOME
  • ブログ
  • フラ
  • ダンスの本番で緊張しない為の練習方法!大切なのはマインドセット?

フラダンサーのパフォーマンスを一際目立たせるもの、それはダンサーの余裕ある笑顔ではないでしょうか?

緊張し過ぎていると、どうしても硬い表情になります。時には、ステップを忘れてしまって、お隣で踊っているダンサーをちら見なんて事もにもなりかねません。

本番に緊張をしない為に必要なのは、十分なリハーサル練習です。

どんなマインドセットでリハーサル練習をするかによって、パフォーマンスの質が大きく変わってきます。

あなたのパフォーマンスは、緊張をしないどころか、余裕と自信に満ち溢れたものになっていくでしょう。

部分練習とリハーサルの違い

まず、部分練習とリハーサル、この違いを見てみましょう。

  • 部分練習とは、ステップ、ハンドモーションなどの、スキルをマスターする練習
  • リハーサルとは、パフォーマンス本番を想定して行う練習

ですから、
本番を想定してやれば、普段の練習も、それがあなたにとっては既にリハーサルとなります。

そして、
リハーサルのマインドセットに必要なものは、シミュレーションです。

シミュレーションという言葉は、それを使う業界によってさまざまな意味合いをもちますが、ここで言う地ミュレーションとは、

現象を模擬的に現出すること。現実に想定される条件を取り入れて、実際に近い状況をつくり出すこと

簡単に言えば、想像力を働かせて、状況を思い浮かべるという事ですかね。

さて、部分練習は既に終わっている、つまり、ステップやハンドモーションはすっかり身体が覚えきっている、という段階になったら、シミュレーション・マインドセットで、リハーサルタイムに入りましょう。

シミュレーション・マインドセットでリハーサルタイム

リハーサルタイムの量が、本番でのパフォーマンスの質を左右しますから、多ければ多いほどいいですね。

シミュレーション・マインドセットとは?

  • 今が本番だと思い込む
  • その世界に入り込む
  • その気になり切る
  • 最初で最後のステージだと思う
  • やり直しは聞かないと言い聞かせる
  • 感情を入れる

つまり、
観客がいるものだと想像して、その方たちを意識しながら、本番さながらに練習するのです。
音楽を感じながら、自然に感情表現が出来るレベルを目指します。

どうですか?
誰も見ていない自宅でなら、出来そうじゃないですか?

傍目を気にしていたらチャンスを無にする

とはいえ、ハラオやサークルの練習日となると、話は変わってきますよね。

大抵の場合、パフォーマンスは複数のフラダンサーが同時にステージにたちますから、練習日も団体練習がほとんどだと思います。

そこで、自分だけ世界に入り込んで「本番さながらのリハーサルタイム」を実行するのはかなりハードルは高いと思います。

また、せっかくその気になって踊っていても、他の人がステップを間違える度にミュージックが止められて、「はいやり直し」という状況もおこります。

その気になるといっても、そんなに簡単にはスイッチが入りませんよね。

それに加えての傍目の攻撃もあります。

  • 「あなた、ずいぶん気合入っているじゃないの?」という冷やかし
  • 「ちょっと場違いよあなた、浮いてるわよ」という嫌味
  • 「本番でもないのに気持ちいれちゃって、感じ悪いわね」という後ろ指

女の世界は、それなりにセンシティブなものです。

「郷に入れば郷に従え」や「出る釘は打たれる」という言葉もあります。

でも、、、
もしもあなたが、フラダンサーとして、レベルアップしたいというパッションがあるのなら、もう傍目を気にするのはやめにしましょう。

ここさえ乗り切れば、結果は後からついてきます。

まとめ

もう、本番での緊張を心配する必要はありません。

クオリティーの高い練習方法で、やるだけの事はやりきったとなれば、あとは、本番のパフォーマンスを楽しむだけです。

パフォーマンスは、実技試験ではありません。

あなたのパフォーマンスを通して、見て下さっている観客と、心を通わせ、一体感を味わう事が出来る、素晴らしい一時となればいいのです。

あなたが、いつの日か、このマウイの地で、
海風に吹かれながら踊る日がくる
そんな気がしています。

応援してますね。