ウクレレ初心者の練習方法は楽譜なしメソッドで!短期間に上達できるその訳は?

ウクレレ

ウクレレ初心者の練習法といえば、楽譜に沿って、コード図を参考にしながら弾いていく、というのが一般的です。

でも、この方法だけで練習し続けると、「楽譜を見ないと弾けないウクレレ演奏者」になってしまう可能性があります。

私は、ハワイでハワイアンミュージックをやっていますが、私がまだ初心者だった頃、ウクレレの先生から習ったのが「楽譜なしメソッド」です。

やり方は至って簡単ですし、短期間に目覚ましい上達を果たす事が出来ます。いつの日にか来るであろう発表会や演奏会の為にも、参考になさって下さい。

楽譜なしメソッドはどんなテップで進めるの?

楽譜なしメソッドとは、耳コピ能力を高める事によって、楽譜なしでも演奏できる様になる為のメソッドです。

難しい音楽理論は必要ありません。また、具体的なステップは至って簡単です。

どんな練習に必要な基本的なステップも含めて、一から順番に説明させて頂きます。

楽譜なしメソッドに向いた練習曲を選びましょう

使われているコードが、3つから4つのもの、そしてコードの進み方(コード進行又はコードプログレッションという)が簡単なものがお勧めです。

今回は、ハワイアンソングの中でも簡単で、かつ有名な、「ALOHA KA MANINI」を練習曲として選ばせて頂いてます。

練習曲に使われているコードをまず覚えましょう

「ALOHA KA MANINI」で使われているコードは、C, A7, D7, そして G のたった4つです。

そして、これら4つのコードは、キーがGの曲であれば、まず間違いなく全部使われます。それぐらい代表的なコードなので、この機会にしっかり覚えましょう。

コードチェンジのタイミングを見つけましょう

コードチェンジのタイミングは、曲の成り立ちを知る事で簡単に見つけられる様になります。

伝統的なハワイアンソングの多くは、メロディーの部分が8小節で、いわゆるサビと言われる部分がありません。

コードチェンジは、小節のあたまでる一拍目にくる事が多く、稀に3拍目もあります。

[Aloha Ka Manini] のコードチェンジは、小節のはじめにしかありません。曲の成り立ちと合わせて考えると、より分かりやすくなります。

「ALOHA KA MANINI」の曲の成り立ち

  • イントロ:2小節
  • メロディー:8小節
  • 間奏:2小節
  • メロディーと間奏を一つのセットとして繰り返す
  • アウトロ:4小節

補足説明ですが、ハワイアンソングのシンガーは、一般的に、同じ歌詞を2度続けて歌います。一度目はソロ、2度めはハーモニーと一緒に、という具合です。

ついでに、バンプ(vamp)と呼ばれるものについて、補足説明をさせて頂きます。バンプとは、ハワイアンソングで使われる用語で、間奏という意味です。

コードを番号コードに置き換える事が楽譜メソッドのカギ!見つけ方はとても簡単

さて、いよいよここからが、楽譜なしメソッドならではのステップに入ります。

コードを番号で呼ぶ所が同じなので、ナッシュビルナンバリングシステムと呼ばれるものに、よく似ています。

さて、番号は全部で7つだけですが、よく使われるものは、3つか4つです。

それではコードを番号で呼んでみましょう。番号の後に「コード」をつけて呼ぶとより分かりやすいと思います。

今回の練習曲のキーはGです。例外がない訳ではありませんが、Gコードで始まってGコードで終わる曲なら、大抵の場合は、キーはGだと言えるでしょう。

そこで、キーであるGが、1番コードとして名付けられます。後は、1から順番に7までつけていけばいいだけです。

他のキーの場合、例えば、キーがFなら一番のコードもF、という事になります。

補足説明として、D7 と A7 についている 7ですが、それは気にしないで大丈夫です。番号は、大文字のアルファベットだけで決まりますから。

キーがG時の番号コード

  • G = 1番コード
  • A7 = 2番コード
  • C = 4番コード
  • D7= 5番コード

さて、番号コードで呼ぶ方法はおわかり頂けたでしょうか?

番号コードごとの特徴をつかむと耳コピができる様になる

実は、それぞれの番号コードには、音色に特徴があります。曲の中における、役割の様なものだとも言えます。

その特徴の表現は人それぞれユニークなので、自分なりのイメージで特徴をとらえてみて下さい。

以下は、私的な感じ方ですが、良かったら参考にして下さい。私は、各番号コードを、私自身の日常生活にあてはめて、そのフィーリングに置き換えてイメージしています。

  • 1番コード=家にいて、ホッとしている、落ち着いている、くつろいでいる、そんな私。
  • 2番コード=なんかやりたいな~という、もぞもぞした気分の私。
  • 4番コード=あてはないけど、お出かけした自分。ちょっぴり不安で、気分が定まらなくて、どこに行こうか決めかねている、そんな私。
  • 5番コード=遂に、ここだと言える場所にきて、思う存分楽しんでいる自分。しばらくして、満喫感とともに、達成感を味わったのち、そろそろお家に帰りたいな~という気分になってくる私。

実は私は英語バージョンも持っています。普段の耳コピ練習には英語の方がピンときます。ついでにご紹介しておきますね。

  • No.1 chord = I’m home. Nice to be home.
  • No.2 chord = I wanna go out./I wanna do something.
  • No.4 chord = I don’t know where to go./It’s exciting.
  • No.5 chord = I’m having fun. And now I wanna go home.

こんな風に、それぞれの番号コードの特徴をイメージする事で、曲の流れがつかめる様になってきます。

そして、多くの曲の流れには共通したパターンがある、という事に気がつく事でしょう。

この様に、耳を使って曲の流れを聞き分けていく事が、すなわち耳コピにつながっているのです。

楽譜なしメソッドで短期間に上達できる理由は一目瞭然

短期間の上達という事は、短期間に何曲マスター出来るかという事だけではありません。楽譜を見ないで弾ける事もまた、大いなる上達だといえるでしょう。

実は、コードを番号で聞き分けていく、そのプロセスのなかで、耳コピ能力が著しくにアップしていきます。

耳コピ能力があれば、楽譜は必要ありません。つまり、歌のメロディーさえ知っていれば、曲が弾ける様になってくるのです。

例えば、普通の練習方法は、一曲一曲を、楽譜を追いかけて弾いていきます。10曲あれば、10曲の楽譜をみて覚えていかなくてはなりません。

そこへいくと、楽譜なしメソッドでは、何曲あろうとも、耳コピというたった一つのスキルを使うだけです。

また、キーの違う曲でもコード番号の役割はみな同じですがら、この耳コピスキル一つで、どんなキーにも対応できるという事が起こってきます。

以上の様な理由から、短期間に多くの練習曲をマスターする事が出来るのです。

私が楽譜なしメソッドに至ったいきさつ

以上が、私が楽譜なしメソッドに切り替えざるを得なかったいきさつです。

殆のウクレレ初心者さんは、口を揃えておっしゃいます。「ステージで演奏なんて私にはとても!」「一人でちょっと弾ける様になりたいだけなの。」

でも、ウクレレサークルやグループ、お教室で学んでおられる方なら、遅かれ早かれ発表会の様なものがやってくると思うんですよね。

例え今は独学で練習されてる方でも、いつかウクレレ好きの方たちのコミュニティーに入りたくなるかも知れませんし。

やっぱ、楽譜を見ないで弾けるウクレレ演奏者って、かっこいいと思いません?

目標を高く定めて、その目標に向かって練習がんばって下さいね。よかったら、目標を達成させる為のコツの記事も参考になさって下さい。

まとめ

ウクレレ初心者の方にでも、楽譜なしメソッドは簡単に出来ます。短期間に上達する事ができます。

耳コピの能力がアップすれば、弾ける曲がどんどん増えていきますから、練習も楽しくなるというものです。

さらには、発表会や演奏会の晴れの舞台で、楽譜に釘付けになる事なしに演奏する事ができれば、あなたは押しも押されもしない中級者、または、上級者の仲間入りですね。

あなたの、ウクレレ練習タイムが、より楽しいものとなりますように!

とりあえず説明会に参加
質疑応答タイムもあります

スクールカタログにそって
具体的なカリキュラムについて説明いたします。

説明会の日程表